Loading...
  • 転造革命
    まだ、削りますか?
    高生産性・高強度・低消費電力
    エコ・低騒音・材料節約
    転造の常識を超えた高精度
    世界初! ギア仕上げ専用CNC転造機を開発!
  • ニッセーの転造機は
    充実のラインナップ
    CNC制御転造機
    ギヤ仕上専用転造機
    ねじ転造盤
    3ダイス転造盤
    ND-30/CNC転造機
    Z-コメットギヤ仕上転造機
    FA-10UN転造盤
    A22B転造盤
    EPSウォームをゼロから盛り上げる!
    ~丸棒から一気にギヤ形状を成形します~
  • 削らずに作る!
    ニッセーの転造機で加工した部品例
    ウォームギヤ
    焼結ギヤ
    中空軸のスプライン加工
    可変ピッチの加工
    極短小中空ねじ
    複合加工
    樹脂加工
    ウォームギヤ
    焼結ギヤ
    中空軸のスプライン加工
    極短小中空ねじ
    複合加工
    樹脂加工

お知らせ

2018年10月30日
【セミナー開催】
広島にて「歯車転造仕上げテクニカルセミナー」を開催致します。焼結部品の転造仕上げ技術について、原料から転造製品の特長まで、1 日で全体をご理解いただける充実の講師陣を招聘したセミナーですので、ぜひご参加ください!
お申し込みページはここをクリック
2018年9月
弊社 常務取締役天野が、2018年9月9日~12日に行われた(一社)日本機械学会 2018年度年次大会(会場:関西大学)にて、「新ねじ振動緩み試験システムの開発に関する研究(従来型緩み試験機による各種緩み止め製品の性能評価)」、「新ねじ振動緩み試験システムの開発に関する研究(複合振動式緩み試験機の開発と機能特性評価)」の発表を行いました。
2018年8月
現在、ニッセーでは、NC装置の載せ替え工事を行っております。
NC装置は、電子部品の製造メーカーからの保守部品の生産中止予告等を受けると、今後の部品の入手が困難になります。また、不意なトラブルによるマシンダウンも不安があります。
そこで、NC装置の取り換えをご提案させていただきます。
・最新型制御ユニットへの載せ替えにより、万が一の場合も対応がスムーズ。
・NC装置の載せ替えならば、新規機械購入と比較して価格メリットがあります。
この機会に、ご検討をお願いいたします。
2018年3月27日
弊社 代表取締役社長 新仏利仲が、国立大学法人 東京農工大学大学院 工学府 後期博士課程に在籍し、博士号の取得に取り組んでまいりました。
平成30年3月27日。博士号の学位授与式が執り行われ、大学院・後期博士課程修了とともに、学位論文「ナットの回転緩みを止める二重ねじ構造ボルト開発」を執筆し、71歳で工学博士の学位を授与されました。
2018年6月
PLBの構造を元に新たな発明を生み出すという、発明マラソンの取り組みが「日本のチカラ」というTV番組にて放映されます。放映局・時間は地域によって異なるので、こちらよりご確認ください。 関東地域では6/9(土) 5:20よりテレビ朝日にて放映されます。
GA-330B CNC

株式会社ニッセーについて

最高峰の転造技術は、リニアモーターカーが走り、富士の高嶺を目前にする山梨県にあります!

弊社の転造技術は、昭和初期から数十年におよぶ長い歳月の経験で培った純国産の技術です。この技術により、従来の「削り」という工法をソフト・ハードの融合で革新の転造事業を確立し、作る人・使う人のWIN-WINの関係を築くことを目指しています。

最近の写真から

サンプル、展示会、会社行事など、最近の活動の写真です。【すべての写真一覧

山梨県職業能力開発協会での発表

山梨県職業能力開発協会での発表

2017年11月7日 弊社 常務取締役天野が、技能伝承の好事例として当社の人材育成方法の発表を行いました。

山梨県職業能力開発協会での発表

山梨県職業能力開発協会での発表

2017年11月7日 弊社 常務取締役天野が、技能伝承の好事例として当社の人材育成方法の発表を行いました。

ICTP2017(塑性加工国際会議 英国:ケンブリッジ大学)での発表

ICTP2017(塑性加工国際会議 英国:ケンブリッジ大学)での発表

弊社社長の新仏がICTP2017にて「新型二重ねじボルトの転造加工と性能評価 並一条・並多条二重ねじ機構に基づく緩み止めボルト締結体の開発に関する研究」の発表を行いました。