Loading...
2021年11月30日

消耗した老朽機の完全復活。今なら早く安く環境に配慮

3ダイス転造機A22Bオーバーホールがお得!

最近、転造加工品の精度不良が目立ったり、思うように調整しにくい…事はありませんか?転造機は一般工作機械に比べ長寿命と言われますが消耗・老朽化は進みます。薄肉中空品や高い直角度が求められる転造加工において、当社の3ダイス転造機A22Bで加工されておられるならば、ぜひ「新品の半額」程の金額で新品同然に完全復活させるオーバーホールをお勧めします。

完全オーバーホールを実現します!

弊社で行うオーバーホールは部分的な対応ではなく、下写真(中央)のように全ての構成部品を分解し、消耗している部品を確実に選定し、修理・交換します。
もちろん、一般業者では対応する事が難しい下写真(左)の独自部品が集合しているダイドライブ(ギヤボックス)も対応します。
部品準備が整い、実機お預かり後は、約3~4週間で新品同然に生まれ変わったA22Bをお返しいたします(対象機の状態により納期は変動する場合もございます)。

A22Bの修理、オーバーホール対応の難しさについて

3つのダイスとダイホルダーという特殊な治具を使用するA22Bは、2ダイス転造盤と同じ知識、技術でオーバーホールする事は出来ません。
また、オーバーホール済と謳われている中古機も部分的な対応のみで、独自部品が必要となるダイドライブ(ギヤボックス)には手を付けられていない場合も多々あります。

中古(他社によるオーバーホール)機のリスク

どのような使われ方をされたか分からず、悪質な業者の場合は一切手を付けず、塗装だけ塗り直した使い古された機械をそのまま現物渡しをするケースもありますのでご注意ください。中古機オーバーホールの際は、まずは弊社営業にご相談ください。

A22Bオーバーホール

お問い合わせ先

東日本営業所 TEL:0554-26-6011 FAX:0554-26-6017
名古屋営業所 TEL:052-803-3167 FAX:052-803-3246
 大阪営業所 TEL:06-6766-0216 FAX:06-6766-0217

 


2021年10月18日

超精密凹凸模様に注目!

~滑り止め、位置決め、そして装飾にも効果大!~

「転造」と聞くと多くの方はねじの加工を想像されると思います。また昨今は高精度CNC転造機により、ウォームギヤ、スプライン・セレーション、ボールねじ、ギヤ仕上げなどの高付加価値の機能系部品の転造も可能となっております。
今回は上記のいずれにも該当しない模様付け・マーキングの特殊な加工事例を紹介いたします。

模様付け・マーキング

昔から行われているマーキング部品の例としてバーベルのローレットが挙げられます。持ち手の位置把握としてのマーキングの他に、アヤメローレットを加工する事で滑り止めの役割も果たしております。
ローレット
ねじ同様、転造は切削に比べ加工速度が速い事に加え、上記部品のような長尺品の場合は、FA-20Uのような主軸傾斜調整が出来る転造盤で歩み転造で対応する事が可能です。
対象の模様が複雑な場合は、上記のような通常のローレットとは異なり、工具、機械の選定も変わってきます。
右写真のように模様付け(装飾)が目的の場合、通常のローレットのようにJIS規格などで決まった形の諸元は存在せず、対象ワークの形状に合わせて転造ダイスを設計する必要があります。
右写真2点の製品につきましては、ユーザー様より図面お問い合わせをいただき、転造可否、対象機種選定、転造ダイス形状検討と転造に関わる一連の検討をさせていただきました。
ローレット
また、上記のような複雑な部品を転造をする際には、高い同期性と優れた精密動作性を備えた機械で加工する必要があり、同アイテムにつきましては、CNC転造機ND-30/CNCにより、転造加工を実現しました。
「これ転造で出来るのだろうか?」と気になるアイテムがございましたら是非ともお問い合わせ下さい。転がりそうな丸棒形状で転造ダイスによる形状転写が可能であれば、誠意検討させていただきます。
弊社展示場に各種展示・テスト機があり、試作テスト対応も可能です。お問い合わせにつきましては、最寄りの下記営業所までご連絡下さい。Webで展示場のご案内も致します。ぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先

東日本営業所 TEL:0554-26-6011 FAX:0554-26-6017
名古屋営業所 TEL:052-803-3167 FAX:052-803-3246
 大阪営業所 TEL:06-6766-0216 FAX:06-6766-0217

 


2021年9月24日

【2021年最新版】ものづくり補助金対象機ご紹介

高精度な転造機を手に入れる好機到来!

革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金(ものづくり補助金)の対象機、それぞれの特徴をご紹介いたします。
モーターの高効率化により、これまで対象外だったコメット油圧式転造盤FA-20Uと3ダイス転造盤A22Bも対象機となりました。この機会にぜひともご検討下さい。

ND-30/CNC

ND-30/CNC
最大外径(mm)
 寄せ転造:φ100
 歩み転造:φ50
最大長さ(mm)
 寄せ転造:195
 歩み転造:6000
最大ピッチ:10
最大294kNの能力を持つCNC制御の転造機。
両寄せ機構により、加工中心の変動が少なく、安定した加工精度を実現。
加工中心が変わらないので段取り性も向上。
寄せ転造、歩み転造はもちろん、CNC機ならではのレシプロ転造、ポジショニング転造、複数転造なども対応可能。
精度要求の厳しい、ボールねじ、ウォーム、ギヤ仕上げなど、機能系部品の加工に最適です。
ND-30/CNCによる加工品例

FA-20U

FA-20U
最大外径(mm)
 寄せ転造:φ100
 歩み転造:φ50
最大長さ(mm)※【】は特殊仕様
 寄せ転造:145【195】
 歩み転造:自由
最大ピッチ:8
最大214KNの能力を持つ油圧式転造盤。
寄せ転造、歩み転造の加工が可能。
高い剛性を有しており、高硬度品やワークの形状上、歩み転造が出来ない長尺品の寄せ転造にも最適です。
単純なねじから力、剛性を必要とする台形ねじやモジュールの大きいウォームまで、建機、建築、プラント、農機などあらゆる分野で活躍中の大型転造盤です。
FA-20Uによる加工品例

A22B

A22B
最大外径(mm)
 寄せ転造:φ6.4〜φ82.5
最大長さ(mm)
 寄せ転造:60.3
最大ピッチ:3
A22Bによる加工品例

※上記対応数値は専用治具、ダイホルダー、ピボットブロックの入れ替えが必要です。

国内随一、3つのダイスとワークを上から投入する独自スタイルの転造盤。
2ダイス転造盤では加工出来ない薄肉中空品、直角度精度要求の厳しい製品の加工が可能。
自動車部品、センサー部品、配管部品などで活躍中の実績豊富な転造盤です。

コロナ禍、鋼材価格上昇、半導体不足、不安要素が多い現在ですが、設備投資に関する補助金の種類も増えておりますので、是非ともご検討下さい。
※下記内容は2021年9月現在のものとなります。内容詳細につきましては、経済産業省公式HPをご確認下さい。

【ものづくり補助金】
価格帯が1,000万円台の機械、上記機械であればA22B、FA-20Uにおすすめです。

補助金上限額(一般型):100万円~1,000万円
補助率(一般型):中小企業者1/2、小規模事業者2/3

補助金上限額(グローバル型):1,000万円~3,000万円
補助率(グローバル型):中小企業者1/2、小規模事業者2/3

【事業再構築補助金】
価格帯が1,000万円台を超える機械、上記機械であればND-30/CNCにおすすめです。

中小企業
補助額:100万円~6,000万円
補助率:2/3

中堅企業
補助額:100万円~8,000万円
補助率:1/2(4,000万円超は1/3)


商品詳細、カタログ、価格につきましては、下記記載の営業所へお問い合わせ下さい。
※上記ものづくり補助金対象機は2021年9月現在のものとなります。

お問い合わせ先

東日本営業所 TEL:0554-26-6011 FAX:0554-26-6017
名古屋営業所 TEL:052-803-3167 FAX:052-803-3246
 大阪営業所 TEL:06-6766-0216 FAX:06-6766-0217