Loading...
2022年4月6日

事業再構築補助金を活用して「転造」へ切り替え!

省エネ、カーボンニュートラル、新事業構築を実現!

転造のメリット

  • 転造加工自体は切りクズを出しません。
  • 加工に要するエネルギーも少なくて済みます。
  • 加工時間も短いので量産対応にも適しています。
  • 昨今のカーボンニュートラルに最適な工法です。
  • 新アイテムへの挑戦、量産加工対応で受注増を達成。

転造機導入による事業再構築案1~切削加工から転造加工へ~

SUS製の継手加工を切削で行ってきた。
⇒切粉がからんだり面粗度が悪く切削加工から転造加工に切り替えようと考えている。

事業再構築補助金を利用しA22Bを導入。
⇒転造化にてSUS継手ねじの切粉、面粗度問題を解決!

転造機導入による事業再構築案2~機能系部品の量産対応開始~

次世代自動車向けのスプライン部品の試作を依頼された。
⇒結果は好評で対応した試作品が採用される事となり、量産を依頼されたが、精度も数量も切削機では対応出来ない。

事業再構築補助金を利用しFA-20/CNCを導入。
⇒機能系部品の量産対応を開始!

カーボンニュートラルへの対応

今までミッションギアのギア加工を切削加工していたお客様が、ギア仕上げ転造や中空スプラインの押し込み転造加工でFA-20/CNCを導入しています。今後は自動車のEV化による機能系部品の量産対応だけでなく、カーボンニュートラルへの対応も求められます。「転造」であれば、その両立が可能となります!

事業再構築補助金の概要

対象条件

  1. 申請前の直近6ヶ月間の内、任意の3ヶ月の合計売上高が、コロナ以前の同3ヶ月の合計売上高と比較して10%以上減少している中小企業等
  2. 経済産業省が示す「事業再構築指針」に沿った事業計画を認定支援機関等と策定した中小企業等

補助金金額、補助率につきましては、各枠により内容は異なりますが、代表的な通常枠は以下の通りとなります。

通常枠の補助金額

【従業員数20人以下】 100万円~4,000万円
【従業員数21人~50人以下】 100万円~6,000万円
【従業員数51人以上】 100万円~8,000万円

通常枠の補助率

中小企業者等 2/3(6,000万円を超える部分は1/2)
中堅企業等 1/2(4,000万円を超える部分は1/3)

お問い合わせ先

東日本営業所 TEL:0554-26-6011 FAX:0554-26-6017
名古屋営業所 TEL:052-803-3167 FAX:052-803-3246
 大阪営業所 TEL:06-6766-0216 FAX:06-6766-0217

 


2021年11月30日

消耗した老朽機の完全復活。今なら早く安く環境に配慮

3ダイス転造機A22Bオーバーホールがお得!

最近、転造加工品の精度不良が目立ったり、思うように調整しにくい…事はありませんか?転造機は一般工作機械に比べ長寿命と言われますが消耗・老朽化は進みます。薄肉中空品や高い直角度が求められる転造加工において、当社の3ダイス転造機A22Bで加工されておられるならば、ぜひ「新品の半額」程の金額で新品同然に完全復活させるオーバーホールをお勧めします。

完全オーバーホールを実現します!

弊社で行うオーバーホールは部分的な対応ではなく、下写真(中央)のように全ての構成部品を分解し、消耗している部品を確実に選定し、修理・交換します。
もちろん、一般業者では対応する事が難しい下写真(左)の独自部品が集合しているダイドライブ(ギヤボックス)も対応します。
部品準備が整い、実機お預かり後は、約3~4週間で新品同然に生まれ変わったA22Bをお返しいたします(対象機の状態により納期は変動する場合もございます)。

A22Bの修理、オーバーホール対応の難しさについて

3つのダイスとダイホルダーという特殊な治具を使用するA22Bは、2ダイス転造盤と同じ知識、技術でオーバーホールする事は出来ません。
また、オーバーホール済と謳われている中古機も部分的な対応のみで、独自部品が必要となるダイドライブ(ギヤボックス)には手を付けられていない場合も多々あります。

中古(他社によるオーバーホール)機のリスク

どのような使われ方をされたか分からず、悪質な業者の場合は一切手を付けず、塗装だけ塗り直した使い古された機械をそのまま現物渡しをするケースもありますのでご注意ください。中古機オーバーホールの際は、まずは弊社営業にご相談ください。

A22Bオーバーホール

お問い合わせ先

東日本営業所 TEL:0554-26-6011 FAX:0554-26-6017
名古屋営業所 TEL:052-803-3167 FAX:052-803-3246
 大阪営業所 TEL:06-6766-0216 FAX:06-6766-0217

 


2021年10月18日

超精密凹凸模様に注目!

~滑り止め、位置決め、そして装飾にも効果大!~

「転造」と聞くと多くの方はねじの加工を想像されると思います。また昨今は高精度CNC転造機により、ウォームギヤ、スプライン・セレーション、ボールねじ、ギヤ仕上げなどの高付加価値の機能系部品の転造も可能となっております。
今回は上記のいずれにも該当しない模様付け・マーキングの特殊な加工事例を紹介いたします。

模様付け・マーキング

昔から行われているマーキング部品の例としてバーベルのローレットが挙げられます。持ち手の位置把握としてのマーキングの他に、アヤメローレットを加工する事で滑り止めの役割も果たしております。
ローレット
ねじ同様、転造は切削に比べ加工速度が速い事に加え、上記部品のような長尺品の場合は、FA-20Uのような主軸傾斜調整が出来る転造盤で歩み転造で対応する事が可能です。
対象の模様が複雑な場合は、上記のような通常のローレットとは異なり、工具、機械の選定も変わってきます。
右写真のように模様付け(装飾)が目的の場合、通常のローレットのようにJIS規格などで決まった形の諸元は存在せず、対象ワークの形状に合わせて転造ダイスを設計する必要があります。
右写真2点の製品につきましては、ユーザー様より図面お問い合わせをいただき、転造可否、対象機種選定、転造ダイス形状検討と転造に関わる一連の検討をさせていただきました。
ローレット
また、上記のような複雑な部品を転造をする際には、高い同期性と優れた精密動作性を備えた機械で加工する必要があり、同アイテムにつきましては、CNC転造機ND-30/CNCにより、転造加工を実現しました。
「これ転造で出来るのだろうか?」と気になるアイテムがございましたら是非ともお問い合わせ下さい。転がりそうな丸棒形状で転造ダイスによる形状転写が可能であれば、誠意検討させていただきます。
弊社展示場に各種展示・テスト機があり、試作テスト対応も可能です。お問い合わせにつきましては、最寄りの下記営業所までご連絡下さい。Webで展示場のご案内も致します。ぜひお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先

東日本営業所 TEL:0554-26-6011 FAX:0554-26-6017
名古屋営業所 TEL:052-803-3167 FAX:052-803-3246
 大阪営業所 TEL:06-6766-0216 FAX:06-6766-0217